テイスティングランゲサクソニアシリーズハニーゴールドムーンフェイズウォッチ

その後まもなく、中国の伝統的な祭りである中秋祭りでした。月が「再会」と「詩的」を与えられたこの日、月の位相表が祭りの主役になることは許されるべきではありません。 ムーンフェイズウォッチは、文字盤に月のデザインがあるため、時計製造ブランドの職人技と技術の解釈であると考えられています。 多くのムーンフェイズウォッチの中で、今年ランゲが発売したランゲマティックパーペチュアルハニーゴールドウォッチは、フェスティバルの際に再び取り上げる価値があります。

リチャードミルRM016ダイヤモンド時計を味わう通りの外で注目を集める

2007年、RICHARD MILLEは、長方形の超薄型時計RM 016を初めて発売し、これまでのブランドのすべての時計のデザインを覆しました。 RM 016の誕生は、リチャードミルの新しい時代の始まりを意味します。 今日はリチャードミルのRM016レッドゴールドとダイヤモンドスクエアの自動時計を味わう予定です。 秋の通りから、あなたが持っていなければならないファッショナブルな武器。

そのような情熱的な色、あなたは一目で恋に落ちるでしょう

GlashütteOriginalはもともとドイツ東部で生まれ、長い時計製造の伝統を引き継ぎ、ドイツの時計の古典を作品に取り入れています。 GlashütteOriginalにとって、時計製造の職人技、手作業による研磨、組み立ての伝統はすべて、製造プロセスの不可欠な部分であり、時計の細部を優れたレベルで提示するよう努めています。 今年Glashütteが最初に発売した新製品の中で最も印象的なのは、60年代の60年代シリーズの新モデルです。 次に、60年代の60年代シリーズの新製品を見てみましょう。

驚きの薄さから漂うブランドの信念

トム フォード「N.001 ステンレススチールブレスレット」10万3400円(ポリッシュド/ブラッシュドステンレススチール)、15万7300円(ブラックDLCステンレススチール) 引き通し型。プッシュ開閉式バタフライ型ディプロイメントバックル。ラバー バックプレート。MとLの2サイズ展開
ブランディングにおいて最も重要なことの一つに「ブレない」ことがある。トム フォードは、タイムピースの製作で引き通し型ストラップになによりもこだわった。それゆえ、ケースはストラップをホールドするよう、両側のラグがループした一体形状を採用。時計本体ひとつあれば、異なるストラップを買い足し、付け替えながら長く愛用することができる。初期に用意された素材にはワニ革、ペブルグレイン、ポニー、編み込みカーフなど6種類があり、カラー違いを含めて50種類ものバリエーションを展開。こうした1本の時計で“スタイルを追求”するというトム フォードからの提案は、さほど月日を待たず世の中に受け入れられることとなった。

最新こそ最良を示す世界限定550本のアニバーサリーモデル

6月に発表された「サテライトウェーブ GPS F950 チタニウム技術50周年記念モデル」は、半世紀におよぶシチズンのチタン加工技術の集大成といえる逸品。デュラテクトDLCとデュラテクトサクラピンクを施したスーパーチタニウム製のケースとバンドは、エッジの効いた直線的なラインで構成されており、チタンでは極めて困難といえる立体的な造形美を生み出している。そしてGPS衛星と繋がって正確な時刻を表示するサテライトウェーブのコンセプトは、ずばり“宇宙”。バンドの形状は人工衛星がソーラーパネルを広げているイメージで、6層構造の文字盤は宇宙空間の無限の奥行きを彷彿とさせるものだ。

宇宙への憧れから、実際に宇宙へと飛び出すシチズンのテクノロジー

シチズンは1970年、世界に先駆けてチタンケースウオッチ「X-8 クロノメーター」を発売した。当時、米ソの対立で知られるように宇宙開発が盛んで、この分野で使われていたのがまだ未知の部分が多かったチタンだったのである。軽く、サビに強いことで知られていたが、加工が難しいため一般的ではなかった。しかしシチズンはいち早くこのマテリアルに着目し、次々と革新的な技術とプロダクトを生み出してきた。その現在地こそ、ステンレスの約5倍の表面硬度と平滑な鏡面仕上げを可能にする「スーパーチタニウム」だ。

2000年に独自に開発した表面効果技術「デュラテクト」の進化により、ステンレススチールはもちろんチタン(デュラテクトで加工することでスーパーチタニウムとなる)であっても、現在では様々なカラーリングを施すことができる。これによってバリエーションは無数に増え、好みに合わせた新しい時計選びの提案「FTS( ファイン・チューニング・サービス)」も誕生。傷や打痕への強さ、さらにはゴールドのような美しい表現を獲得するに至ってる。

「旅」をモチーフにしたメゾンの美学を反映

今年3月にスイスで開催されたルイ・ヴィトン単独のニューモデル発表会には、「タンブール カーブ」や「スピン・タイム」、「ワールドタイム」など、旅人目線に重点を置いた魅力作がラインナップされた。近年では一部モデルを除いて特許取得のストラップ交換システムが導入されており、多彩なデザインから自由なコーディネートを楽しめることも特徴としている。

新作「タンブール ムーン デュアル・タイム グラフィット」は、特別に手掛けられたモノグラム・フラワーやカラフルなフラッグを採用。旅行用トランクをカスタマイズするために施された、往年のモチーフを彷彿とさせるものである。

富士24時間耐久レースを横目に記者会見を実施

このたび日本に本格上陸するレベリオン・タイムピースだが、実は時計好きの間ではすでに知られた存在であり、筆者も何度かバーゼルワールドの会場で取材したこともある(なんなら、すでに日本で購入することもできる状況でもあった)。

と、このレベリオンという名前は時計畑の筆者が知らなかっただけで、モータースポーツ好きには「レベリオン・レーシング」として有名。ル・マン24時間耐久レースでの勝利を目指して2007年に発足し、近年ではビッグチームであるTOYOTA Gazoo Racingをも脅かす成績を収めているようだ。

ひるがえって時計の話。レベリオンは本拠地がスイスなので、自社でレーシングマシンを作る技術があるならばそれを腕時計に向けるのは至極当然の流れ。出来上がる腕時計も、極めてレーシングマシンのディテールに通じている。

幅広く愛された1998年の1stウオッチ

「ブルガリ アルミニウム」は、いまから20年以上前に初登場。高級時計ではあまり使われることのないアルミニウムにラバーを融合させた異素材ミックスケースは、いまの高級時計界のトレンドのはしりともいえる。その新鮮さとテクニカルなデザイン、そしてアクセシブルな価格は好評を博し、世界各地で大ヒットを記録。ブルガリ ブルガリから続くアイコニックなダブルロゴベゼルの存在を、より広く世に浸透させる立役者となった。

Mido Belen Sallyの時計を味わう、価値の高いフレンドリーな選択肢

誰もが高価値の時計を買いたいと思うと思いますが、市場には目がくらむほどの時計がたくさんあります。 実際、Xiaobaiの時計では、10,000元未満のクラシックモデルを選択して開始できます。今日、Watch Houseは、高価値で手頃な価格の時計を推奨しています。