デザインがシンプルかつ上品なIWCの人気作も揃えています

「トミヤは、お客様にとっての運命的な時計をご提供できるショップを目指しています。スタッフ一同も楽しみにしている“お祭り”の創業祭には、わざわざ遠方から足を運んでくださるお客様もいらっしゃるほどご好評をいただいています。私の場合ですが、創業祭がきっかけで愛用しているベニュワール(カルティエ)が購入できました。皆さまにとって、大切なお時計を見つけていただく機会になれば嬉しい限りです」

≪竹内さんのお薦め時計≫
IWC ポートフィノ・オートマティック Ref.IW356501  54万5400円
「派手さとは無縁のミニマルデザインですが、程よい高級感を漂わせる一本です。お堅いイメージの職場にも溶け込んで、取引先にも良い印象を与える時計だと思います。それに、IWCという実用志向で堅実なブランドというのもポイントが高い。私だったらシェアでも利用したいですね(笑)」。アリゲーターストラップ。直径40mm(厚さ9.3mm)。3気圧防水。自動巻き

ぜひエドックスとノルケインにもご注目ください

「トミヤ各店では、自分へのご褒美から大切な方へのプレゼントにも最適な、各種の時計やジュエリーを取り揃えています。本格時計のご購入が初めての方にも、ご不安なことがないように丁寧な説明やアフターサービスを用意しております。お薦めは、トミヤ限定モデルがあるエドックスやデビューしたばかりのノルケインです。私自身もワクワクしている創業祭は、豪華賞品が当たる抽選会も開催します! 近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください」

ヴィンテージ1945 ジャパンブルー限定モデル

ヴィンテージ1945 ジャパンブルー限定モデル 25835-11-1901-BB4A 125万2800円/縦33.30mm×横32.46mm、スティールケース、30m防水、自動巻き、日本限定100本(7月より順次発売)
ジラール・ペルゴは、幕末期の1861年、日本に正規販売代理店を開設。1860年にブランドのファミリーの一員フランソワ・ペルゴが初めて来日した当時の日本では、人々の衣服から、店舗ののれんまで、至るところに“藍染の色”があふれていました。1877年、フランソワは横浜でその生涯を閉じます。その少し前、1874年に来日し、あふれる藍色に衝撃を受けた英化学者ロバート・アトキンソンは、その色を「ジャパンブルー」と表現しています。

その「ジャパンブルー」を採用したのが、今回の限定モデルです。角型のケースに収められたホワイトダイヤルにブルーの針と、藍色のローマンインデックスが映える「ヴィンテージ1945 ジャパンブルー限定モデル」は、まさに日本市場に相応しいタイムピースといえるでしょう。

直線と曲線が調和したアールデコスタイルのケースとサファイアクリスタルは、上から下へ、左から右へカーブしており、快適な着用感を実現。また、ケースの裏側からは、美しく仕上げられた自社製の自動巻ムーブメントGP03300が収められている様子を、サファイアクリスタルを通して楽しむことができます。

1940年代製の美しいスタイルを踏襲する「プレミエ」の限定

Wheels and Wavesは、他に類を見ないフェスティバ ルです。毎年6月、何千人もの観客がビアリッツを訪れ、世界レベルのサーフィン、バイクレース、スケートボードに酔いしれます。今年、ブライトリングはフェスティバルのオフィシャルタイムキーパーを務め、コラボレーションが実現しました。この祭典がブライトリングの陸と海に対する世界観を体現する、新たなプラットフォームであることを世界に発信したと言えます。

同イベントで発表された「プレミエ ホイールズ アンド ウエーブズ リミテッドエディション」は、希少な500本限定生産です。ステンレススチールケースの左側面には、“Breitling SPECIAL”と刻まれたプレートがはめ込まれています。
問:スーパーコピー時計、NOOB工場直販のブランド時計コピー通販です!Ikebukuro777時計店

優雅でありながら、あくまでも“計測機器”であることを重視

スイス空軍「C-7チーム」は、フォルティスの腕時計を12年以上に渡って装備してきた、スイス空軍の精鋭アクロバット飛行部隊です。2019年、チームは創立30周年を迎えます。

伝統的なパイロットウオッチを製作する独立したメーカーのフォルティスは、PC-7との長年の関係性とその活躍に敬意を表し、300本限定の記念クロノグラフを製作しました。開発段階からPC-7のパイロットたちにも参加してもらい、計時と正確さという点を大前提にしたミーティングを幾度も行ったということです。優雅でありながら、あくまでも“計測機器”が重視されたのです。

ベースとなった時計は、実績のある堅牢なエアロマスターです。パイロット向けに開発されたこのモデルのケースは、アクロバット飛行で発生する重力に対し、必要な耐久性を備えています。ケースの繊細なヘアライン仕上げと両面無反射サファイアクリスタル風防が日光の反射を防ぎ、フォルティスの典型的なツールとしての機能性と美しさを損なうことなく、瞬時の読み取りを可能にしています。
問:スーパーコピー時計、NOOB工場直販のブランド時計コピー通販です!Ikebukuro777時計店

もっとも優れた機能を備え、 もっとも美しい時計を作らねば

戦火の中でも1791年、ブレゲはイクエーション・オブ・タイム(均時差表示)を考案。新機構の発明に没頭していたある日、幽閉されていたアントワネットからの使者が訪れます。最初に納めたリピーターが王宮襲撃の際に奪われ、新しい時計を注文したい、とのことでした。こうして、ブレゲはシンプルなリピーターを作り上げました。その音色は、囚われの身となった王妃をどれほど癒したことでしょうか。

ルイ16世が処刑された1793年、ブレゲはとうとうスイスへの帰国を余儀なくされます。そして同年秋、王妃アントワネットが断頭台で処刑されたニュースを知ります。ユグノー(改革派教会)の血を引くブレゲにとって、貴族の贅沢な生活は反感の対象でした。しかし同時に、大切な顧客でもあったのです。

そんな矛盾に満ちた貴族との関係を象徴するのが、王妃マリー・アントワネットとの交流だったに違いありません。王妃の死に涙しながら、ブレゲは誓います。「約束した“最高の時計”は、必ず完成してみせます」と。「NO.160」に組み込むことを最終目標に、ブレゲは故郷のスイ スで次々と新機構を考案していきました。重力の影響を均等化して精度安定を図るトゥールビヨン、姿勢差の少ないブレゲヒゲ、永久カレンダー、レバー式シリンダー脱進機など、膨大な発明は機械式時計の原理の約%70にものぼるといわれます。

2年間のスイス生活を経て、1795年にブレゲは再びパリの地へ。1802年には「NO.160」も一応の完成を迎えました。ですが、その後も新しい機構を発明するたびに、改良を加えました。「自分の生涯のすべてを、この一個の懐中時計に注ぎたい」。王妃との思い出は熱い情熱となってブレゲを突き動かし、その遺志は息子や弟子に受け継がれました。そして「NO.160」が完成へと至ったのは1827年。ブレゲが76歳で亡くなった、4年後のことでした。
問:スーパーコピー時計、NOOB工場直販のブランド時計コピー通販です!Ikebukuro777時計店

キアヌ演じる伝説の元殺し屋は「マネロ オートデイト」を着用

チャド・スタエルスキ監督(左)と主演のキアヌ・リーブス(右)。カール F. ブヘラウオッチを着用し、ジャパンプレミアに登場した
ハリウッドムービー『ジョン・ウィック』は、キアヌ・リーブス扮する引退した凄腕の殺し屋ジョン・ウィックの復讐劇を描いたアクション大作。シリーズ3作目『ジョン・ウィック:パラベラム』は、復讐の果てにジョンが逃亡者になるというストーリーが展開される。

主人公のジョン・ウィックは1作目からカール F. ブヘラの腕時計を着用しており、本作では見た目がシンプルで美しいドレスウオッチ「マネロ オートデイト」を装着。存在を主張するデザインではないものの、劇中では時間を知るためのアイテムとして重要な役割りを果たしている。また、共演のハル・ベリーやイアン・マクシェーンもカール F. ブヘラの腕時計を着用しているという。
問:スーパーコピー時計、NOOB工場直販のブランド時計コピー通販です!Ikebukuro777時計店

「デ・ハビランド モスキート」譲りのレトロなディティール

「アビエーター 8 B01 クロノグラフ 43 モスキート」の時間を計れる回転ベゼルは、ステンレススチールにサテン仕上げとADLC(非晶質ダイヤモンド風カーボン)コーティングを施したこだわりの仕様。DLCよりも黒が強調され、同時にダイヤモンド並みの硬質さも構築される。このブラックADLCベゼルとレッドポインターの対比が、レトロチックな雰囲気を醸し出しているといえよう。ちなみにこの黒は、デ・ハビランド モスキートの夜間飛行をイメージしたという。

さらに同系色のオレンジの針とレッドのマーカーが入ったインダイアルを採用。このアクセントカラーは、デ・ハビランド モスキートの機体にあしらわれた丸窓とマークを想起させるディテールである。その世界観にマッチする、ブラウンのヴィンテージ調レザーストラップがセットされる。

ケースバックの中央はサファイアクリスタル製で、仕上げの美しいキャリバー01を鑑賞することできる。この自社製ムーブメントは、COSC認定クロノメーターを取得した高精度仕様で、約70時間のパワーリザーブを実現する。

“木造機の奇跡”と称されるデ・ハビランド モスキートは、その軽量さから同じくイギリス製のスピットファイアよりも速く飛行できたという。この伝説的な戦闘機とブライトリングの優れたアーカイブが出会ったことで、ヴィンテージルックなクロノグラフが誕生した。航空界に寄与してきたブライトリングだからこそ実現した、完成度の高いニューデザインの一本である。
問:http://www.jpeshop777.com/

傑作時計×名航空機が時を越えてコラボレーション

ブライトリングの最新作「アビエーター 8 B01 クロノグラフ 43 モスキート」は、1938年に創設されて輝かしい功績を収めたユイット・アビエーション部門が設計を担当したというオンボードクロックと、コ・パイロット(副操縦士)の愛称で親しまれた視認性の高いRef.765 AVIをベースに、デザインが生み出された。

ブライトリングが生んだこの2つの傑作時計とほぼ同時期、イギリスからは高速航空機として名を馳せた「デ・ハビランド モスキート」が登場。同機は機体の大部分が木製という、航空史においても極めて特異な存在だった。この機体に触発され、尊敬の念を示す意味も含めて名を冠する「アビエーター 8 B01 クロノグラフ 43 モスキート」が製作されたのである。

ブライトリングのジョージ・カーンCEOは、次のように語っている。
「デ・ハビランド モスキートは、航空界の歴史において真にユニークでアイコニックな航空機です。極めて革新的なデザインと素材を駆使し、独創的な存在として際立っていました。アビエーター 8 B01 クロノグラフ 43 モスキートは、成功を収めたこの航空機を懐かしく想い起こさせる腕時計です」
問:スーパーコピー時計、NOOB工場直販のブランド時計コピー通販です!Ikebukuro777時計店

細部に至るまで“タフ&ディペンダブル”な機能を装備

「エンジニア ハイドロカーボン オリジナル」は、衝撃耐性を高める仕組みとして、特許技術「スプリングロック耐震システム」を搭載する。衝撃時にはそのケージがガードレールのようにヒゲゼンマイの過分な動きを抑制し、かつヒゲゼンマイの変形や絡みを防ぎ、衝撃の影響を最大で66%も緩和する。また、こちらも同じく特許取得の「スプリングシール耐震システム」も備え、時計の遅れ進みを微調整する緩急針を特殊なプレートで抑えて固定。これらによってあらゆる外的ダメージを無力化し、高い精度を継続させる。

そのほかにも、ムーブメントを保護する「アモータイザー衝撃吸収リング」や、リューズをガードする「セーフティロック・クラウンシステム」(特許取得済み)を採用。時計自体の耐衝撃性としては、国際規格ISO1413の耐衝撃腕時計の項目を超越するテストを行い、機械式時計最高レベルの7500Gsもの耐衝撃スペックを保証している。