ダイヤモンドを象った腕時計には、ダイヤモンドを象った腕時計はどうなりますか

ダイヤモンドは常に多くの層の寓意を与えられます:無限な富、純潔な愛情、永遠の存在……

時間は、ちょうどそれと共に、財産、愛情は時間の流れの中でゆっくりと存在しているが、時間というものはどのように流れても、それはずっと存在している。ダイヤと時間は生まれながらに何かのつながりがあるようで、その両者の間にはいつか出会う日が来る。

世紀表には、サファイア、ダイヤモンド、プラチナ、黄金、貝母石、天然漆、精製鋼、革などの良質な物料で製造されています。このエレガントシリーズのカバーは、世紀の表の創始者であるHan Ulrich Klinenbgの世界初となっており、今日も熱い名表の1つになっています。

灰色のワニの皮の表帯、真珠の雌貝の表盤、かぐりの表盤の刻々とした贅沢な気質が、多くの女性の宝石に対する熱愛の心を満たしている。スタイリングは独特で、美的な美しさに富んだサファイアの殻、七彩の美しい真珠の貝柱は、洗練された女性の雰囲気に満ちている。9個の麺のステンレスの時計は冠を表して、設計は精巧で美しいです。経典の底の設計、直観のブランドの磨き工芸。