日本名はランキング_日本の腕時計のブランドの大全書を表します

日本の腕時計のブランドが大きなものと小さなものでたくさんなことがあって、これは日本の表を作成する歴史から言って、日本の表を作成する歴史はスタート1860年に、1つの“表を作成する大国”です。今なお発展して、日本の腕時計の十分で近代的な科学技術は互いに結合します。伝統のスイス、ドイツの腕時計を比較して、日本の腕時計は現代化を更に備えて、そのためもとても近代的な若い人の好感を受けます。

贅沢な品物は共有します

それでは日本に今どれだけの腕時計のブランドがありますか?私は次にをみんなは日本のそれぞれ大きい腕時計のブランドに紹介して位置します

日本のそれぞれ大きい腕時計は位置します
NO.1――SEIKO
セイコー(SEIKO)TYO:8050は一つの有名な日本制表会社で、1881年に作りに始まって、会社の元の名前は服部時間単位の計算店で、1892年にセイコーに改名して捨てます。1924年、第1匹発表して正式にセイコーのブランドの腕時計を使います。1969年、セイコーは世界で第1モデルのポインター式のクォーツ・ウォッチ―SEIKOASTRON[35SQ]を出しました。

NO.2――カシオ
カシオの腕時計は日本の三大ブランドの中の一つで、数年間本当に多機能G―SHOCK腕時計で世界に知られています。カシオの腕時計の代表した活力、若くて、流行して、多機能のブランドイメージのすでに深い人心。カシオ会社はずっと技術が同業者でリードするのを自分の務めにして、数年来でも技術の突破がありました。

NO.3――東方双獅(ORIENT)
東方双の獅子の腕時計はとても早い中国市場に入る著名な日本のブランドが表すので、その商標LOGOが2頭のライオンため、以前中国の俗称の“両獅子”の札にありました。中国で80年代は主流の腕時計のブランドです。

NO.4――シチズン(Citizen)
シチズンのは前日本尚労働者捨時計研究所として、1918年に創立します。CITIZENブランドの時間単位の計算の製品は1924年に始って、1モデルの懐中時計です。今まで、絶えずと未来にいつまでも立ち止まりない創造精神挑戦するブランドの理念を受けてその通りにして、シチズンはずっと国際腕時計の業界のトップの地位に行進します。

NO.5――上品な柏(ALBA)
1979年にセイコーの腕時計のブランド設立する子会社です。上品な柏の英文の名称の“Alba”はスペインとイタリアの文の古代の文字でからとって、初めて即日出る意味を分かっているのがあります。上品な柏のちょうど昇るような太陽、ブランドの創立する20中で、それは絶え間ないで個性の鮮明な腕時計を描写して設計しています。人々に生命と時間を大切にするように気づかせて、そして全力で自身を味方に引き入れる価値。上品な柏は表しても広大な使用者間で広めます