50万近くで時計を買って、半月後、商城に「道」を見つけた。

今日また1つと腕時計関係の社会ニュースを見ます:47万円のブロックを自分で誕生日の贈り物にして、領収書は譚さんが買ったのはただ“ショッピングカード”です。このようなことで、10月30日、譚さんはデパートを見物してあるブランドの時計店を通り、11月の初めに自分の誕生日だったと思って、時計を誕生日のプレゼントとして買いたいと思っていました。最終的に1枚を選んで、一定の割引で取って、商品を調整するため、そのために1万元の定金を支払った。11月18日、譚さんは表を取りに行って、デパートでイベントをやっていると言われ、ショッピングカードでギフト券を買ってもらうことができました。譚さんは、自分は腕時計を手に入れただけで、どんな方式で買うのか気になっていなかったので、デパートの団塊センターに向かって、「いくらお金を払ったか分からないので、店員の案内に従ってお金を払っていました」と話していました。
家に帰って、譚さんは自分のこの時計を見れば見るほど満足している。12月1日まで、譚さんはネットで密輸表に関するニュースを見た。譚さんは自分の買った腕時計を思い出して、50万近くのものをよく調べてみると、デパートの領収書の上の貨物名が「前払いカードの販売と充填」と書かれていて、腕時計ブランド時計スーパーコピーについての情報はないのである。譚さんは、兄がこれまでブランドの腕時計を買った時の商売の領収書を探していた。ブランド名だけでなく、時計の番号などの情報がある。譚さんは今後品質問題が発生したことを恐れて、商店の責任を見つけることができないことを恐れて、マーケットの開いた時計の領収書をほしいと思って、それで苦情を訴えて、現在関係部門もすでに調査に介入しています。とてもはっきりしていて、これは1件のマーケットの“通路”の例で、多くの人がすべて出会ったことがあることを信じて、筆者自身もちょうど一緒に会ったばかりで、しかし金額は大きくなくて、自分で運が悪くて、次は注意しました。