「京東時計の夜」の人は何をつけていますか。

先週の金曜日、8月10日の「京東時計の夜」に招かれたのは、京東さんが2回目の「京東時計の夜」である。初めての「時計芸術展」で、世界ブランドメーカーや消費者に改革開放40年の「中国スピード」を見せた。公式の話はあまり言いませんが、今日の展覧会で見た出展者の腕時計についてお話したいと思います。
一番印象深かったのも、時計作家、『時計遊び』の創設者、白映沢先生が身につけた腕時計であることを皆さんにお話します。白先生の日の服装は簡単で、白シャツの袖は引き起こされていたので、彼の腕にある帝舵「花顔猫」を見ることができました。「花顔猫」は、帝舵啓承シリーズのモデルは70 Bのカウントダウンというもので、猫のような形になっているので、カムラ猫と呼ばれています。白先生がかぶっているのは青い皿の鉄帯デザインです。腕時計は42300元です。
赤いカーペットのコーナーで、男性の腕にオメガの黒い海馬の腕時計が目を引きました。私はこれが2016年のオメガが発売したオメガの海馬シリーズ2152.44.24.24.1.001腕時計で、陶磁器とゴムを同時に採用した腕時計で、殻の前の15分前にゴムを覆っているだけでなく、バンドも独特の紋様を持ったゴムを採用し、より快適な姿で活躍しています。今でも印象的で、腕時計は4100元です。