時計を読むのが一番影響力のある6大陣営だ

中国製の時計は世界の評判が遠くてもスイスほど高くはないが、中国は時計業の最も深い国の一つに影響していることは否めない。最も表面的な点から見ると、世界の時計の消費が最も強い国は、中国、大陸、香港とともにスイスの時計の総輸出比率を占めています。今日はこのように下落したとしても、依然として3つの日本または2つのアメリカの量で、さらに海外の消費を持ってはいけません。これを捨てて、2015年通年、中国時計輸出機械表は計約188万匹、輸入機械表は約227万匹、機械表心の輸出は約696万匹、輸入は約1030万匹。
中国の国の表のブランドが商標を登録したことがあるのは数十上で、深圳時計展では大部分を見ることができます。その中で最も有名なのは、飛亜達、カモメ、天王、ロシニ、忠波、北斗、格雅、天覇などがあります。その中の飛亜達グループは非常に実力のある一家で、旗の下には現在いくつのブランドがあります。司は中航の工業グループの下の中航国際深セン会社であるから、飛亜達は実際に国有資本の背景があって、かつて航空業と協力して重要な支持があって、その母の会社から来た。ドアダグループは小売ルートを通じて、亨縁起の世界の名表中心を建てて、現在の国内最大の名表分店の1つになりました。
また香港に目を向けると、上場会社の冠城(CTYCH P)時計ジュエリーグループは同様の財力が高く、2013年にはスイスの高級製表ブランドの昆崙表を約7億円で買収するという事件が歴然としており、旗の下には国際的なブランドの製表会社の綺年華、国表精品ロシニと名残、時計の古い工場の五羊の従業、そして、ピーター、Dreyfiss & Co、J & T Winmilsなどがある。冠城時計ジュエリーグループは、自分の販売ネットワークを持っています。同時に、25の国際ブランドを超えて、腕時計を生産する上で、他のブランドの代わりにしています。2015年には、冠城グループは総収入34.8億香港元を運営し、その中には、自社ブランドの収収は154億香港元に達し、ロシニと愛着精品は最も主要な2つのブランドである。