カシオ天猫腕時計戦略協力協定調印式が盛大に行われました。

4月7日の最新情報によると、天猫とカシオが4月6日に戦略提携協議を正式に締結した。2016年バーゼル時計展の天猫腕時計代表団がカシオの展示場に来た後、今回の契約式は、カシオと天猫の深さとの協力の重要なシンボルであり、カシオの時計は天猫の上で異なる数の爆発を果たすことを意味しています。
調印式の現場
協議では、協力双方は商品、人込み、サービスの3つの方面からブランドの深層を実現することを示している。
天猫腕時計は、阿里大データの日本系腕時計のブランド「深く耕し細作」を利用し、独家からカスタマイズし、イメージを変え、サービスを最適化する。
国内の時計の市場規模は約300億、天猫が431 %となったことが明らかになった。
昨年10月1日、天猫腕時計の単日販売台数が100万台を突破した。
今回の協力や、天猫腕時計を代表とする腕時計電商市場が、全面的に爆発した臨界点に迫る。
日本の有名なブランドであるカシオの時計は、若い、ファッション、先進技術などの特徴で、国際腕時計市場の重要なシェアを長く占有しており、国内の若いユーザーの腕時計の観賞性と実用性に対する認識の理念にも影響しました。天猫とカシオの協力は、新製品の初発だけではなく、製品を中心とした集合体のカスタマイズ設計、分売システムを組み立て、ユーザーの位置付けと全ルートを一体とするシステム化のレイアウトである。