アークドロはジュネーヴの新聞時鳥三問を提出した

アークドロは、芸工坊(Atelier d”Art)の有能な職人の才能を集め、新しい時計金のジュネーヴ新聞時の鳥三問(The Bird Reater Genfa)を作り、精妙な活動装置と自然の詩情を一体にして、さらに日内の瓦に敬意を表した。1784年、ピエール・アークドロはジュネーヴで地元の制表工坊を開設し、超複雑な機能時計をジュネーヴ城に導入した。
自然は、ジュネーヴ城が織りなすジュネーヴ報の鳥三問(The Bird Rater Genfa)の装飾背景を構成し、パールベナの表盤に、このスイス名城のすべてのマークが濃縮している。彫刻師、絵師、エナメル師は、ジュネーヴの湖(Linc de Gentive)とその有名な噴水、パキスランプ、そして薩雷布山の輪郭をコピーし、その前アルプスがジュネーヴの「ベランダ」として見受けられている。
表盤の中央には、ジュネーヴの湖入水口にある百鳥天国のルソー島の真ん中に、赤い額が棲んでいる。この2匹の金の彫雀の鳥は手で細工をしてなって、鳥の羽は野獣派の絵のように色とりどりで、それらは身の下の2匹の雛を守っていて、鳥の巣の中央に1匹の鳥の卵が横たわっています。細やかな細部には、煌びやかな色彩、迫真に迫った鳥の目の前には、それぞれの草の棒に至るまで、ラサミの職人の超卓上芸を現す。