ジュエリーウォッチはどう思いますか?5時にジュエリーリストを知るように教えてあげます。

規格以外にも、ジュエリーウォッチに宝石をはめ込む全体の量も重要です。高級ジュエリーをよく買う人は、その主な石の大きさと色によって決まるという固定観念が形成されます。
この観念はジュエリーウォッチにとって完全には適用されないということです。まず、99%のジュエリーウォッチは主石の概念がなくて、ただ群のはめ込むダイヤモンドだけあります。その次に、群のはめ込んだダイヤモンドは一つずつ取っても大きくないですが、その価値は決して低くありません。この中のは色の良い要素がある以外、宝石の加工の特殊性から決定したのです。
宝石業界では特に面白い現象があります。同じ規格の石を買えば買うほど高くなります。そろえるのも難しいです。他の業界で買い物をします。例えば靴を買うなら、一足は一つの値段です。一万足を買うなら、きっと安いです。大量の生産が手薄になったからです。卸売市場で買うなら、靴を一足買うなら、みんなが売るとは限りません。しかし、宝石業界はそうではありません。形の規格に対して一定の要求があれば、同じようなダイヤモンドがほしいです。価格はきっと高いです。天然の宝石は完全に適当なものがありにくいので、大きなものから小さなものまで、長さは不可能です。原料(原石)自体の価格が相対的に固定されていて、規格を求めていないなら、全部形に合わせて磨いたら一番安いです。
規格を追求すれば、量が小さい限り、なるべく近い原石を探して磨いてもいいです。一番怖いのは、規格も要求されているし、需要量も大きいので、原石を大きいものから小さいものに切るしかないです。大きな原料を小さく切ってこそ、需要を満たすことができます。このような価格が急騰し、0倍以上の価格差が出るということは、業界外の人には分かりにくいです。
また、ジュエリーウォッチに採用されている宝石の形が特殊であればあるほど、時計の輪やチェーンにはめ込まれた梯子のダイヤモンドやエメラルドなどがコストが高くなります。それにあなたはまだ待たなければなりません。すぐにはありません。宝石は神様が作ったのです。人造ではありません。形の似た原石を見つけて磨いてください。でないと本当にもったいないです。