ブルガリBVL 191:ベースムーブメントの使命感

BVLGARIブルガリのオリジナルムーブメントといえば、正直に言えば、筆者個人はいつも何かがよくわからない感じがします。今から言えば、彼らの家のオリジナルムーブメントは2010年に発売されたBVL 168から計算されることが多いですが、時間は少し前に進みます。実は2008年にCalibro 303が発売された時にすでにこのタイムマシンの芯は自作と称されています。しかし、誰でも比較してみると、このCalibro 303はFP 1185と同じです。自制とは一体何ですか?どのような産制体制が行われているかはここでは分かりません。
しかし、ベースのムーブメントという点から見れば、BVL 168は確かにブルガリの初めてのオリジナルのベースムーブメントです。ブルガリがムーブメントの実力を持っているのは誰も疑うことはないはずです。DR&GGの研究開発センターを基幹として、ブランドが毎年発表している高次の複雑な機能モデルはほとんど話題になります。しかし問題はここにある。ブルガリの複雑な機能は多くて強いですが、基本的なモデルは他の家の共通のムーブメントを搭載していることが多いです。このねじれの現象は彼らの家が自社の基礎ムーブメントの導入に拍車をかけている主な背景です。個人的には、一つの時計工場は複雑な機能モジュールの研究に専念しています。悪いことではないですが、今は表界が自制問題になると複雑になります。そしてブルガリのように、額面のベルトまで自分で作るブランドです。基礎の芯はまだ妥協できない課題ですよね。
このような背景から、BVL 168が発売されると注目されています。私たちも最初にここで紹介しましたが、その後、ブルガリが実際にこのムーブメントを搭載しているモデルは多くなく、複雑な機能モジュールを搭載しているという点でも基本的なムーブメントの任務は達成されていないようです。最も顕著な例は、2012年のOcto改定時に、この重要な3つの針を搭載していたのは、ブルガリの自社のムーブメントではないということです。実は新版Octoが発売される前に、新世代のオリジナルムーブメントと噂されていましたが、実際に搭載されていたのは、新機軸でもBVL 168でもないです。鏡の感触がした。この噂の次世代のオリジナルムーブメントが来年登場します。今回紹介するBVL 191です。