2019新作 パイロットウォッチ ビッグパイロットウォッチ コンスタント-フォース トゥールビヨン プティフランス

型番:IW590303
ケース素材:18Kハードゴールド
ケースサイズ:直径46.2mm×厚さ13.5mm
ムーブメント:自動巻きクロノグラフCal.94805、パワーリザーブ約96時間
防水性:60m
発売予定日:2019年6月
予価:約235,000ドル

最後にご紹介するパイロットウォッチは大人気プティフランスからですが、これまでの当シリーズとはちょっと一線を画します。

ある海外メディアは「SIHHのHHを担う」と評価しています。

※SIHH・・・サロン・インターナショナル・オート・オルロジェリー

そう、オートオルロジェリー、つまり高級時計製造技術を指しますが、こちらの新作には「コンスタントフォース機構」が組み込まれていることがミソ。

コンスタントフォース機構は直訳すると定力システム、精度向上のための機能です。

通常ゼンマイの力が弱まってくると合わせて精度も低くなってきます。そこで、フュゼ・チェーンと呼ばれる、無段階変速機構を香箱と輪列の間に組み込み、ゼンマイのほどけ具合がどの状態でも一定の力をテンプに供給するようになったのです。

原理的には自転車のギアで、かつてマリンクロノメーターや懐中時計に組み込まれてきましたが、それを腕時計に搭載できるほど小型化できたのはIWCの技術力の高さゆえです。しかも、そこにトゥールビヨンやムーンフェイズといった複雑機構を搭載させたのです。

特筆すべきはケース素材にもあります。

このケースのゴールド素材は、通常のレッドゴールドに独自合金を施し、ゴールドの傷つきやすさをカバーしているというのです。ちなみにIWCによると通常の18Kゴールドの5倍~10倍の耐傷性を有しているとのこと。