スイスでアンティーク時計を購入する方法を教える

スイスと言えば、人々は常に時計や時計を思い浮かべます。スイスの時計製造の強さ、品質、評判は世界に認められています。スイスの時計は永遠の伝説のようで、時間を超え、国境を越え、世界の至る所で輝きます。ところで、時計の王国、スイスでは、どうしてアンティークな時計を買えないのでしょうか?

スイスで勉強している間、私は通常、時計を扱い、疲れて幸せになり、週末は少しリラックスします。私のリラックスの方法は、今でも時計と関係があります。それは、アンティークの時計市場を訪れることです。何度も足を運んでいて、だんだんと経験を積むようになり、微妙にアンティークなスイスの時計への理解が深まりました。ここでは、お気に入りのアンティーク時計を見つけるだけでなく、アンティーク時計の歴史や文化についても学ぶことができます。

スイスのすべての町には固定市場があり、このような市場は必ずしもプロの時計市場であるとは限りません。内容は、磁器やガラス、本やアルバムからさまざまなお土産や日用品まで、すべてを網羅しています。プロの時計見本市はそれほど一般的ではありませんが、たとえばバーゼル時計およびジュエリー見本市の期間中、日曜日に定期的に見本市が開催されます。バーゼルの場合、年に1回だけです。もちろん、このようなプロの時計フェアの交換は、他のヨーロッパの都市でも、基本的には各都市で年に一度開催されます。

アンティーク時計市場に参入する前に、まずメンタリティを調整する必要があります。私達はビジネスをするつもりはないので、私達は選択しすぎるというメンタリティーを持ってはいけません。重厚で重厚なアンティーク時計を鑑賞できると同時に、リーズナブルな価格でお気に入りの商品を見つけられるのはとても楽しいことです。成熟したヨーロッパの時計市場では、財を作りたいという精神を持ち続けるのは難しい。