ジュネーブ・ウォッチメイキング・グランプリ(GPHG)

GPHGは「最も注目に値する現代の作品を讃え、世界中の時計製造技術を宣伝する」目的で2001年に創設。メンバーにはジュネーブ州、ジュネーブ市、ラ・ショー・ド・フォンにある国際時計博物館(MIH)、ジュネーブ時計・マイクロエンジニアリング研究所(タイムラボ)、そして複合企業グループのエディプレッスが名を連ねている。2019年まで時計ブランドは14のカテゴリーに対し、最も有望なモデルを(比較的少額の)参加費用を払ってエントリー。最終選考に残った時計は追加費用を支払うことで、その後、世界を巡回するエキシビションに参加することができた。GPHGのディレクターであるカリンヌ・マイヤーは次のように述べている。

「GPHGはショウケースメディアであり、また優れたプロモーションツールです。事前に選ばれた時計が、毎年秋なると世界を巡回する特別なエキシビションで展示されるのです。受賞した時計は国際的なメディアによって十分に露出されます。そのため、すべてのブランドが参加できるよう、参加費用は極力抑えるようにしています」NOOB製の【Audemars Piguet】オーデマピゲコピー|オーデマピゲスーパーコピー等のブランド時計を販売しています。[NO.1]