腕時計の鏡の表面にかゆみがあります

一、もし小さいのがかゆいならば、時計の鏡の上で1、2滴の水を垂らすことができて、更に量を放出して真っ白な歯の歯みがきを持って腕時計のかゆいところで塗って、品質の柔軟な綿あるいは綿のボールを使って、時計の鏡の上で行ったり来たりします。
二、スクリーンのつやがある薬は軽度のかゆいところに行く以外にもいいです。薬を少し塗ってかゆいところをかくだけで、布で1、2分拭いてから、余分な磨き薬を拭いて捨ててもいいです。もし効果が理想的ではないなら、何回も塗ることができます。
三、かゆみが長くなったり、かゆみが少しひどくなったりしたら、表店に行って威嚇処分をしなければなりません。でも、これは一回ではいけません。普通は一回か二回ではできません。
かゆみが強くなったら、まず漆石で対局を繰り返して磨きます。しかし、この方法は技術的に難しいので、未経験の新しい手はあまりおすすめできません。
五、上記の方法が適用されないならウブロコピー、正規のブランドのアフターサービスセンターに行って時計のレンズを交換することを提案します。価格は普通腕時計の時価の三分の一です。安心して安全です。でも、もし時計の鏡が痒くて、大きく開けたら、元のメーカーに戻して交換するのが一番いいです。