カテゴリー別アーカイブ: 最愛

オーデマーズピゲロイヤルオークシリーズのダイヤモンドウォッチを味わう

Audemars Piguet(Audemars Piguet)Royal Oakは、伝統的なフォーマルな時計製造の美学を覆しました。デザイナーGéraldGentaの大胆で革新的なデザインは、クォーツストームの中でAudemarsPiguetに逸脱した道を作りました。 Audemars Piguet Royal Oakシリーズの名前と言えば、このシリーズの時計の形状が「Royal Oak」に由来しているため、RoyalNavyの「RoyalOak」船の名前に由来しています。 “輸送する。 しかし、この船の名前は伝説の樫の木を記念することです。 1651年、イギリスのチャールズ2世が第一次世界大戦で敗北し、追っ手による攻撃を避けるため、後に「古い樫の木」と名付けられた樫の木の下に隠れました。 昨年、Audemars Piguetは、ロイヤルシリーズの輝かしい傑作を発表しました。手首の時計に鮮やかなダイヤモンドをはめ込み、魂に訴え、男性的でタフなスポーツスタイルにまばゆいばかりの光を加えました。

リチャードミルRM016ダイヤモンド時計を味わう通りの外で注目を集める

2007年、RICHARD MILLEは、長方形の超薄型時計RM 016を初めて発売し、これまでのブランドのすべての時計のデザインを覆しました。 RM 016の誕生は、リチャードミルの新しい時代の始まりを意味します。 今日はリチャードミルのRM016レッドゴールドとダイヤモンドスクエアの自動時計を味わう予定です。 秋の通りから、あなたが持っていなければならないファッショナブルな武器。

最新こそ最良を示す世界限定550本のアニバーサリーモデル

6月に発表された「サテライトウェーブ GPS F950 チタニウム技術50周年記念モデル」は、半世紀におよぶシチズンのチタン加工技術の集大成といえる逸品。デュラテクトDLCとデュラテクトサクラピンクを施したスーパーチタニウム製のケースとバンドは、エッジの効いた直線的なラインで構成されており、チタンでは極めて困難といえる立体的な造形美を生み出している。そしてGPS衛星と繋がって正確な時刻を表示するサテライトウェーブのコンセプトは、ずばり“宇宙”。バンドの形状は人工衛星がソーラーパネルを広げているイメージで、6層構造の文字盤は宇宙空間の無限の奥行きを彷彿とさせるものだ。

「旅」をモチーフにしたメゾンの美学を反映

今年3月にスイスで開催されたルイ・ヴィトン単独のニューモデル発表会には、「タンブール カーブ」や「スピン・タイム」、「ワールドタイム」など、旅人目線に重点を置いた魅力作がラインナップされた。近年では一部モデルを除いて特許取得のストラップ交換システムが導入されており、多彩なデザインから自由なコーディネートを楽しめることも特徴としている。

新作「タンブール ムーン デュアル・タイム グラフィット」は、特別に手掛けられたモノグラム・フラワーやカラフルなフラッグを採用。旅行用トランクをカスタマイズするために施された、往年のモチーフを彷彿とさせるものである。

富士24時間耐久レースを横目に記者会見を実施

このたび日本に本格上陸するレベリオン・タイムピースだが、実は時計好きの間ではすでに知られた存在であり、筆者も何度かバーゼルワールドの会場で取材したこともある(なんなら、すでに日本で購入することもできる状況でもあった)。

と、このレベリオンという名前は時計畑の筆者が知らなかっただけで、モータースポーツ好きには「レベリオン・レーシング」として有名。ル・マン24時間耐久レースでの勝利を目指して2007年に発足し、近年ではビッグチームであるTOYOTA Gazoo Racingをも脅かす成績を収めているようだ。

ひるがえって時計の話。レベリオンは本拠地がスイスなので、自社でレーシングマシンを作る技術があるならばそれを腕時計に向けるのは至極当然の流れ。出来上がる腕時計も、極めてレーシングマシンのディテールに通じている。

Audemars Piguet RoyalOakシリーズの時計を味わうクラシックなスポーティな爆発

Audemars Piguet Royal Oakシリーズの時計は、常に最高級の高級スポーツスチール時計の1つです。 昨年、Audemars Piguetは細部を完全にアップグレードし、より優れたRoyal Oakシリーズの時計を発表しました。形状は依然としてクラシックでシックで、青い文字盤も非常にエレガントで美しく、幅広い視聴者に愛されています。 以下、この古典的な美しさを一緒に鑑賞しましょう。

モンブランスターシリーズフルカレンダーウォッチを味わうエレガントなビジネススタイル

モンブランスターシリーズのフルカレンダーウォッチは、ミネルバの優れた時計製造の伝統と、19世紀の終わりから20世紀の初めにミネルバマニュファクチュールによって製造されたポケットウォッチから豊かなインスピレーションを得ています。 この時計は、エレガントな外観と、フルカレンダーとムーンフェイズの複雑な機能を備えており、エレガントなビジネススタイルに満ちた時計です。

この時計は42mmの丸いステンレス鋼のケースを備えており、全体が磨かれ、磨かれ、ベゼルは湾曲しています。

文字盤のインテリアデザインは、モンブランスターシリーズのデザインスタイルを踏襲し、エレガントな葉型の手、放射状のモンブラン星型ギョーシェパターンで装飾されたシルバーホワイトの文字盤、レール型のミニッツスケール、太陽が刻まれたレリーフ(上下の波状ギョーシェライン)を備えています。 、アラビア数字はムイネフアポケットウォッチの長い歴史を思い起こさせます。

超軽量&高耐久性の革新的マテリアル

1791年、ラ・ショー・ド・フォンにて創業された「ジラール・ペルゴ(GIRARD-PERREGAUX)」は、自社一貫生産の体制を敷く老舗マニュファクチュールだ。2世紀以上に渡って歴史を重んじる一方、先進的な技術や素材、デザインを駆使して数々の優れたタイムピースを輩出してきた。

ラグジュアリースポーツウオッチの草分けとして1975年にデビューしたロレアートの新作「ロレアート アブソルート クリスタルロック」は、まさに伝統と未来を融合したような一本。軽量かつ頑丈なハイテク カーボングラス製ケースを採用し、ここにジラール・ペルゴ製の高精度な自動巻きクロノグラフムーブメント「キャリバーGP03300-1058」を搭載する。さらにサンドイッチ構造で立体感を持たせたグレーグラデーションダイアル、ファブリック調模様を施したラバーストラップらを合わせ、スタイリッシュなオールブラックルックとした。

伝説の職人技を解き明かし、IWCポルトガルの時計を味わう

IWCは、トゥールビロンデバイスを継続し、熱心に研究開発しているハイエンドの時計ブランドであり、フライングトゥールビロンやコンスタントパワートゥールビロンなどの革新的な構造を次々と導入してきました。 今年の4月、IWCは、トゥールビヨンとパーペチュアルカレンダーを組み合わせた、新しい高度な複合機能を発表しました。これは、この2つの完璧な組み合わせと言えます。 今日お話しする時計は、IWCの卓越した技術と絶妙な職人技を示しています。一緒に楽しみましょう!

2020新作 革新と洗練を極めたゴルファーのための最高峰GPSプロウォッチ

アメリカ発GPS機器のパイオニアのガーミンより2020年の新作として、30年に及ぶGPSテクノロジーの革新を象徴する最高級モデル「MARQ(マーク)」コレクションに最先端のゴルフ機能を搭載した「MARQ Golfer(マーク ゴルファー)」が登場します。2020年10月8日(木)より発売、予約は10月1日(木)より開始されます。 「MARQ」の最新モデルとして、2020年8月に発売した最先端のゴルフ機能搭載の「MARQ Golfer(マーク ゴルファー)」(ゴルフスイングセンサー<TruSwing J>付き)の日本限定キット100セット( 価格:270,000円/税抜)は、発売後わずか1ヶ月半で完売しました。