カテゴリー別アーカイブ: 最愛

クラシックツアーロレックスRef.3330クロノグラフ

アンティークのクロノグラフは、多くの場合、コレクターの時計の後に最も求められています。ただし、ほとんどの、特に1970年代以前のアンティーククロノグラフは一般にサイズが小さく、直径が34 mm未満であることに注意することが重要です。これが、ロレックスRef.3330クロノグラフが特別な理由の1つです。

もちろん、サイズは一側面に過ぎず、ロレックスRef。3330クロノグラフはユニークで、それ以上のものです。この時計には、オレンジピンクの文字盤を備えた見事なローズゴールドのケースがあります。黒と青のアワーマークの数字の組み合わせにより、この複合効果がさらに拡大し、時計に階層化された奥行きが与えられます。さらに、葉の形をした針も役割を果たし、この時計をよりレトロな魅力に仕上げています。

サイズは、ロレックスRef.3330クロノグラフの唯一の「現代」要素ではありません。当時、ほとんどの金のケースは磨かれており、光で見ることができましたが、この時計は起毛サテン仕上げが特徴です。驚くべきことに、この時計の状態は非常に良好であり、人々が何十年も焼戻しを行ったのではないかと思わせます。特にラグの角度のある平面では、外観が完璧で、この時計に磁気の魅力を加えています。

姿勢、上級時計ファンが知っておく必要のある時計製造プロセス

時計を愛する人々は、豪華な素材のために時計を購入し、洗練された動きに夢中です。また、彼らが愛する特別な特徴のために、文字盤の装飾も一種の風景であることを知っています。 フローラルインレイの時代を超越した美しさ、シェルレリーフのシックなロマンス、エナメル彫刻の絶妙なロマンス時計の最も直感的な印象は、文字盤が最初で、その絶妙さは着用者の気持ちに直接影響します。 時計の愛好家になりたいので、文字盤のさまざまな職人技を理解する必要があります。時計を鑑賞または購入するときのみ、「ふり」をして、だまされないようにすることができます。

赤いバラは熱狂的で、黄色いバラは高貴で、青いバラは眩しい。花の海では魅力的で際立っている。ゆっくりと醸造され、情熱的に咲き、静かに死んでいく。 「物質」は永遠の美しさになります。 カルティエは時計の分野に新しいタイプのフローラルインレイイングテクノロジーを導入し、花のはかない美しさは永遠に保持され、42 mmバロンブルードゥカルティエウォッチの文字盤はよりカラフルになります。

上級時計ファンの時計製造プロセスを所有している

時計製造に関して言えば、最も簡単に考えられるのはジュエリーの象眼細工とエナメルの文字盤で、宝石の象眼細工が最も一般的です。 フェザーインレイ、モザイクインレイ、または麦わらインレイに関しては、人々はすでに見えなくなり、ダイヤモンドインレイと比較して、これらのタイプのインレイクラフト時計はシンプルですが、より独創的です。 小さな文字盤では、自然な要素が微妙にカットされ、形作られ、さまざまな魅力で表示され、文字盤が非常にカラフルになり、つかの間の美しさが永遠になり、時間の流れを目撃します。

前回の記事では、カルティエの花のインレイ、シェルのエンボス加工、シルクエナメルについて説明しましたが、他の時計製造技術についても引き続き説明します。 チャーム。

2019年、ロレックスは新世代の「稲妻」を発売しますか?

少し前に、ロレックスが今年バーゼルワールドで新世代のミルガウスを発売する可能性があるというニュースがありました。これは一般的に「ライトニングニードル」と呼ばれています。最初は私が確信していなかったという海外からの推測を​​見ましたが、その後、ロレックスが今年の新世代の3235運動(32シリーズ運動)を使用してミルガウスを発売する可能性が高いことを示す兆候がますます現れましたオークションでは、アンティークミルガウスが重要な位置に置かれました。これは必然的に、アンティーク時計オークションが新しいモデルの新しい勢いを生み出していることを人々に思い出させます。

時計の展示会やロレックスが新しいモデルをリリースするたびに、プレイヤーは推測しますが、これは「カスタム」になっており、ほぼ毎回推測できます。スペクトルですが、どのテーブルが新しいか推測できます)。ですから、今年はロレックスが新しいミルガウスをリリースすることになると思いますが、それは根拠がないとは思いません。さらに、新しいミルガウスの外観がロレックス1019(ロレックスの歴史におけるミルガウスの第2世代)に基づいていることを直接指摘している人もいます。それで、今日、ロレックスのミルガウスの三世代について「古代から現在まで」お話しします。

ブランパン「最強のバージョン」50噚

トピックに到達するのに遅すぎることはありません。 43mm 50噚バチスカーフ(中国語名、深海潜水艇)がブランパンによって製造されて以来、50thyBathyscapheウォッチは徐々に中国で人気を博しています。 バチスカーフを認識してバチスカーフを購入する人はどんどん増えており、過去2年間で50噚のバチスカーフの流通が増加していることがわかりました。 過去には、国内の潜水時計は水の幽霊と海馬に支配されていましたが、今では50が激しくなり、3本足になりました。 50噚バチスカーフがとても暑い理由は誰もが知っていると思います。 1つ目はブランパンブランドの高さ、2つ目は見栄えの良い50噚バチスカーフウォッチで、内側と外側に高い装備が備わっています.3つ目は、バチスカーフの価格が大幅に下げられたことです。 これらの3つのポイントすべてを持っているので、火なしで考えることは困難です。 50噚のバチスカーフは燃えていましたが、これも大きな50 heatの熱を引き起こしました。

IWC 82200ウォッチの推測

2018年はIWCブランドの創設から150年であり、そのような年はどのブランドにとっても特に重要であるため、IWCは多くのファンを引き付けるために多数の新しい時計を予熱しています。これらの予熱された時計は基本的に限定版の時計で、その多くは非常に魅力的です。たとえば、デジタルジャンピング時計、永久トゥールビヨンムーンフェイズ時計など、より魅力的です。私のものは、ダヴィンチシリーズのスモールセコンドウォッチです。
ダヴィンチシリーズは、2017年にIWCブランドが再設計された後に発売されたリープフロッグウォッチ製品です。これまでダヴィンチは長い間目立っていなかったことがわかっています。まあ、2017年にブランドがラウンドケースと可動ラグを導入した後、時計ははるかにファッショナブルになり、歴史的な重荷のようには見えませんでした。ダ・ヴィンチシリーズが発売後もまだ非常に人気があることも事実が証明しています。 2017 IWCダヴィンチシリーズには非常に大きな家族がいるため、このダヴィンチの小さな秒針を見たとき、あまり注意を払っていませんでしたが、情報を注意深く見たとき、間違った。

ダ・ヴィンチのスモールセコンド時計について今日お話ししたのは単なるアイデアです。この時計はSIHHに展示されておらず、記載されていないため、すべての予測と結論が難しいからです。異議を唱えますが、外国のメディアはすでに本物です。誰もがそれを見て、先入観を持たずに議論するだけです。

モンブランの新しい2019のレベルは?

少し前まで、時計屋の兄弟の世話のおかげで、モンブランがモンブランの2019年ジュネーブ時計展示会でリリースする新しい時計を事前に見る機会がありました。 この機会に、より強力で楽しいモンブランの新しい時計についてお話しください。

モンブランは非常に馴染みのあるブランドです。 ブリーフケース、ベルト、財布、ペン、多くの人が使っていると思います。 シニアウォッチファンにとって、Montblancの時計は馴染みのないものではありません。MontblancがMinerva Watch Factoryを買収する前に、Montblancの強度は大幅に向上し、Minervaのムーブメントテクノロジーの使用により一連の非常に優れたクロノグラフが発売されました。 特に、Montblanc Menelaの13針と16針の手動クロノグラフムーブメントを使用したシングルボタンクロノグラフは、かつてPatek PhilippeとLangeと結び付けられる3つの最も美しいクロノグラフの1つと考えられていました。

ヴァシュロン・コンスタンタン「トラディショナル・ツインビート・パーペチュアルカレンダー」

GPHG(ジュネーブ時計グランプリ)のイノベーション賞受賞のコチラの時計。なんと8時位置のボタンを押すとムーブメントの振動数を切り替えることができるのだ。通常=“アクティブ・モード”の場合、毎時3万6000振動の高振動で精確な時を刻み、時計を外す際などにこのボタンを押すと“スタンバイ・モード”に切り替わる。するとムーブメントは毎時8640振動の超ロービートに。これによりエネルギーをセーブすることが可能になり、最低で65日間までパワーリザーブを延長することができる。気になる構造部分だが、ムーブメントに別々の振動数をもつ2つのテンプを組み込み、8時位置のボタンにより、一瞬の遅れもなくテンプを切り替えるという、離れワザ。264年の歴史を誇る老舗メゾンの高度な技術力を示したコチラの画期的なシステムは、日本の江戸時代に用いられた不定時法からヒントを得ているとの事。不定時法では、季節によって変わる昼夜の長さを表示するために昼用と夜用の2つの棒テンプが装備され、それが自動的に切り替わることで動力のスピードを調整していたのである。「ツインビート」に加えて、パーペチュアルカレンダーも搭載のこちらのモデル。その名があらわすとおり、ほぼ「永遠に正確な時を刻み続ける」という、夢のような1本なのである。

高耐磁&左リューズの本格パイロットウォッチ

パイロットやドイツ特殊部隊が信頼を寄せるドイツのツール・ウォッチブランド「ジン」。今回の新作には、ブランドが誇る独自のテクノロジーが満載されている。8万A/mの高耐磁を誇るマグネチック・フィールド・プロテクション、ケース内を常に無水状態に保ち、ムーブメントを守る「ドライテクノロジー」を装備。また、サテンケースにはテギメント加工により表面硬化させたステンレス・スチールを採用、耐傷性も抜群だ。

文字盤9時位置には、装備されるジンが誇るテクノロジーのマークが表示されている。左から「ドライテクノロジー」(ドライカプセルなどによりケース内を無水状態に保つ)、「マグネチック・フィールド・プロテクション」(8万A/mの耐磁)、「テギメント」(表面硬化加工)。

実用的な古典的なティソ黄X明裏書熱い販売

最近、NBAのイベントが近づいているため、ティソとNBAの協力はますます注目されていますが、まだ市場に出ていません。幸い、同様のT-TOUCHシリーズNBAモデルが販売されています。 最近、著者は、バーゼルのいくつかの新製品を含む、多くの人気スタイルのティソが現在販売されていることを理解しています。ティソの広報担当者である黄and明とLi一ifeの広告モデルは、比較的人気があり、常に利用できるとは限りません R&F Plaza Shengshi Watch Storeは一時的に在庫切れのため、調整が必要です。