日別アーカイブ: 2016-05-05

トニー・ワードをキャンペーンに起用した新作コレクションをリリース

1992年に発売されたマドンナの写真集『SEXBOOK』に登場して一躍有名になり、現在も世界のトップモデルとしてキャリアを重ねる彼は今回の映像のなかの洒脱にして、タフ&セクシー、どことなく危険な香りを漂わせ、真の大人の男を短い時間の中で表現しきっている。

高貴なクラウンジュエリーに感じるような独創的なアート&ロックの響きで世界を魅了する、ジュエリーブランド、ジャスティン デイビスの世界観を余すことなく伝える、このプロモーション映像は2015-16年の新作コレクションのために用意された。

ニューヨークのポップアート、ロンドンのパンクムーブメント、ハリウッドのゴージャスな輝きといったカルチャーを引き継ぎ、斬新なイマジネーションとジャパンクオリティで作り込まれたディテールによって完成するジュエリーの新作のテーマは「Friends,Coffee,Lies,and,Cigarettes」。「友とコーヒーと嘘とタバコ」である。

手元を華やかに飾る腕時計は、女性の美しさを知るグッチだから誕生

世界の女性たちから愛されているグッチのアイテムたちだが、ウィメンズ・タイムピースにはグッチのアイコニックなパターンやフォルムが採用され、その世界観を表現している。

たとえばここで紹介している『G-タイムレス』と『ディアマンティッシマ ウォッチ』では、ともにダイヤルにディアマンテパターンを採用し、上品な魅力を伝えている。

そして日本の女性にとくに人気を獲得している理由がそのサイズ展開で、直径22mm、27mm、32mmのケースが日本の女性の細い手元にもピタリと合うのである。こうした細かい気配りが世の女性たちのハートをガッチリとつかんでいるのだ。ダイヤルのGの文字がデザインアクセントとなっている『G-タイムレス』では、日本限定のアプリコットカラーがラインナップする。『ディアマンティッシマ ウォッチ』で注目いただきたいのがディアマンテパターンが立体的に表現されたケースサイド。重層的なデザインが施され、現代的な女性に向けた新しいスタイルを提案している。

ともにドレスアップした際にも最適なフェミニンさをも備え、冬から春への装いにピッタリだ。メンズ、ウィメンズともに魅力的なモデルが揃うグッチのタイムピースは、最高のギフトになること間違いない。

スタイルを知り尽くしたブランドが創出したダイバーズモデル

メンズモデルで注目したいのが『グッチ ダイヴ』だ。このシリーズには300m防水の機械式から200m防水のクォーツモデルまでがラインナップしているが、ここで紹介しているのはクォーツモデルだ。特徴は20気圧防水、直径45mmという堅牢なスペックを体現するタフなケース、グッチの象徴ともいえるグリーン・レッド・グリーンのウェブストライプのNATOストラップである。

言語的には極めて男性的なモデルが思い浮かぶのだが、グッチはミリタリーとスポーティさを最適なバランスで表現する。このあたりのさじ加減がさすがグッチといえるところだろう。グッチはファッションブランドンのなかでも早くから時計づくりをスタートしており、機能性とファッション性を高いレベルで融合させたモデルが多数ラインナップする。ゆえにさまざまなスタイルに合わせやすいデザインが魅力のひとつとなっている。

GUCCI DIVE|グッチ ダイヴ
さて、もうひとつ、このモデルには特徴がある。それが丁寧な作り込みだ。たとえばケースは製造と組み立てに手間がかかる3ピース構造になっており、サイドのシャープなケースフォルムを生み出している。またストラップはフォールディング バックルを採用しており、使い勝手も抜群だ。ただし、ともに価格から鑑みるに、コストを度外視したスペックといえ、こうした時計づくりへの姿勢が最大の魅力といえよう。