日別アーカイブ: 2016-06-27

ティファニー キー×ティファニー セレブレーション リング ×ティファニー マークT-57 トリレトログラード クロノグラフ

思い出の数だけ重ねたティファニー セレブレーション リング。
ここには、大切な記憶と気持ちが詰まっていて
わたしはこのリングをした手もとに目をやるたびに
今まで積み重ねてきたあなたとの愛に感謝しながら、
とてもあたたかく、素敵な気分になる。

そして今のわたしが最強なのは、運命の鍵を手にしていること。
いつだって転機とチャンスは不意に訪れ、
運命の扉を目の前にしながらそれを開くことができないままに
ふっと消えてどこかに行ってしまうことだって、多々ある。
だからちゃんと、いつでもその扉の鍵を開けることができるように鍵を持つ。

過去も未来も、思い出も希望も、あなたと一緒に。
幸運の女神がふたりにスペシャルな笑顔を向けてくれるように。

ティファニーのアーカイブに保管されている、熟練の金銀細工師によって作られたさまざまなキー(鍵)。それが2009年の今年に、ジュエリー コレクションの「ティファニー キー」としてバリエーション豊富に登場した。運命の扉を開くかのようなドラマチックな輝きは、好きなチェーンとの組み合わせも選べることが楽しい。左|スクエア カレイドスコープ キー[PT×ダイヤモンド]161万7000円、右|フルール ド リス キー[PT×ダイヤモンド]35万7000円、ダイヤモンド ベゼル チェーン(24インチ)[PT×ダイヤモンド]67万2000円(すべてティファニー/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)

カルティエ マイヨン パンテール ドゥ カルティエ×バロンブルー ドゥ カルティエ

わたしが誰か、あなたは知りたいと思っているでしょう?
わたしは決まった名前をもたない人間のひとり。
あなたがわたしの名前を決める。
あなたの心に浮かぶこと、それがわたしの名前なの。

たとえば、わたしがあなたに何かを質問をしたとき
あなたはなんと答えてよいかわからなかった。
それがわたしの名前。

もしかしたら、外では雪が降っているかもしれない。
それがわたしの名前。

あるいは、少し飲み過ぎてしまっていると思うとか。
それがわたしの名前。

そしてわたしは、あなたと過ごす時間がこのままもっとつづけばいいのに、
そう思っている。

ルイ・ヴィトン 表参道店にウォッチ&ファインジュエリー サロン誕生

11月7日(土)、ルイ・ヴィトン 表参道店2階に「ウォッチ&ファインジュエリー サロン」が誕生した。世界的な建築家であるピーター・マリノ氏が設計を手がけ、ルイ・ヴィトンのウォッチとジュエリーを見るにふさわしい、スペシャルな空間となっている。

 

2008年11月にリニューアル第1弾として、メンズフロア「表参道メンズ」が5階に誕生したルイ・ヴィトン表参道店。今回リニューアル第2弾として誕生したのは、「ウォッチ&ファインジュエリー サロン」である。

サロンに入るとまず飛び込んでくるのは、通常の2倍の高さのある天井から吊るされた数々の白い花飾りだ。モノグラムモチーフのひとつであるフラワーを彷彿とさせるモチーフは、日本の折り紙からインスパイアされたという。また、はちみつ色の漆がほどこされた壁など、ルイ・ヴィトンの建築に一貫して見られるクラフツマンシップがそこかしこに見られる。