日別アーカイブ: 2016-09-29

腕時計堂:解剖の日構造

今回は、時計機械構造で基本的な「踊る日構造」を紹介しています。しかし、今の市場には、いくつかのジャンプ日の構造がありますか?彼らはどのように実行しているか?私たちは、今市場において、経典、特色がある、と異なるのは、日本システムのムーブメントを持って、みんなに紹介します。跳び日構造若以日付盤の種類に分けてとに分けることができますように、一つは日付盤の上で持って01-31のアラビア数字(他の変種と帰など)、もう一つはに日盤の組み合わせにより、一つの日付盤は十進方式いち、に、さんは、別の日付表示盤には1ケタ0、いち、に、さん…きゅう、くなど、2桁に日付表示の方法。中には日付鼓動の方式は今ありふれた瞬間ジャンプ日と伝統的な非瞬間ジャンプ日(夜間きゅう、く時跳び日機構から作動まで、真夜中じゅうに日時の鼓動が完瞭)、また調査日の方式を分けることができます多種、例えば:テーブルで冠の直接の調整の期日機構制御ジャンプ日、24時間針で回転ジャンプして日動作、時間ある区間往復の運営、ジャンプして日を促す針の動きや分針運動、運行の24時間により、跳び日機構作動など様々な調整方法。これらの機械構造動作の原理は似ても、しかし、構造はすべて同様で、非常に面白いです!

新しい時計の設計と装飾の金の元素

歴史上、多くの錬金術の家もかつてしようとするいくつかの手段により製造合成安値の金子は利益を得るため、蓄積した黄金足を付ける違う元素後の違う色生地と効果の経験。
標準の18金と違って、色は少しは赤い18粉金(pink gold)红金(red gold)、バラの金(ローズgold)などさまざまな呼称が、またそれはかつてじゅうく世紀初期に風行はロシアでロシア金(Russian gold)の名によると。その成分がほぼ750‰の純金に加えて250‰の電解精銅は展延性が強く、かたい度が高く、変形しにくいや傷が変わりやすいなどの特徴や色。後者は特に、合金成分の変化により銀になると、色が淺、多くの銀に入り、赤色は淺。銀の含有量は10 %に増加して、銅の含有量は15 %ぐらいの時の時、色は比較的に薄いあるいは薄い粉を比較する。今、人々はすでに習慣で別の番号を定義してその色の変化3N粉金(成分は75%純金加13%加銅銀12%)、4N粉金(成分は75%純金加9%加銅銀16%)、5N粉金(成分は75%の4 . 5 20.5%銅銀黄金加加)。銀は少なくなって、銅が少なくなって、その色の色はますます深くなって赤くなって。
また、最も引き起こしやすいのは誤解18白金。にもかかわらず、色に一般にくいステンレス、プラチナなどと区別が、それは依然として18 k金の1種で、ただその構成成分の微妙な違い。その純金の割合はまだ750‰に至っては、また250‰の金属、それこそ家々の秘密。バセロンコンスタンチン2007年を変えた傘下の男性の金の腕時計のプラチナの調合指図書。比較的によくある白金成分は純金75%加パラジウム12 . 5%加銅6%加銀4%加ニッケル2 . 5%、そしてメッキ金属ロジウム保護、しかしバセロンコンスタンチンをパラジウムの比率を15%に、この価格の高いアクションでプラチナメッキロジウム必要はないのがもっときらめいて、メーカーは指摘してこのような処方を増す強度摩耗しやすく、さらにない。実は、と18プラチナのように、18粉金も色褪せ現象が起こりやすいので、パテックフィリップとロレックス近年宣伝自分の18粉金の調合指図書特殊が、いわゆる「永遠」色褪せない新しい材料、事実上は専門家がその色合いの見分けの違い。

腕時計は眼球の時計を引きつけやすい

あなたの知っている、腕時計盤面の創作の上で、最も多いのは真珠バイモ文字盤。その独特の光沢と質感とても適する美化面盤、パンパンによく見られる、女性を一つ優しく柔らかな気質。ここ数年、ますます多くのブランドが違う材質に貴重な文字盤の創作は、技術の上でもっと心を揺さぶら以外に、もっとを腕時計の最も重要な視覚センター――文字盤を添えた多くの見どころは、同時に、腕時計の価値の一層の。
エナメルヴィトンは百年も色あせず
エナメルが着色しないなら、「白面琺瑯」と思って、それは「白面の琺瑯表」だと思われやすいが、実はそうではない。エナメルの形成、ミネラルは金属板に焼き上げるて、これらの鉱物はすべて普通で、しかしそれらは金属の表面で焼き上げるの結果を融合して意外にも意外にも意外にも。だから多くの人とそれはエナメル甚だしきに至っては玉、事実上、素ホーロー製の盤面が確かに現れて种玉ような品質、独自の非常に繊細な柔らかな光が、それも抜群の品質は非常に抗酸化耐腐食の優秀な特質を経て、百年に一ニュースキンようになるので、コレクターの胸の大きな愛を。