日別アーカイブ: 2019-03-04

表殻

表の殻は、腕時計の頭の外側の部品を指して、その作用は腕時計の内在する部品を包容して保護して保護して、例えば機軸、皿、針などのように、同時に腕時計のためにおしゃれでまた魅力的な外型を提供します。表殻と密接につながった部品には、表鏡、底蓋、表冠、乗っ手などがある。
表殻
最もよくある腕時計の殻
表殻の作用
表殻は人体の殻のようで、腕時計の内在的な部品を直接保護するほか、腕時計の各性能指数、例えば:防水度、防塵性能、防磁気性能、耐震性能……。また、時計の本体の外観スタイルも決定しています。
表殻の分類
材質は材質によって分けて、比較的によくあります:ステンレスの表殻、陶磁器の表殻、チタン合金の殻、プラチナの表殻、バラの金の表殻、プラチナの表殻、精鋼の表殻、メッキの表殻、黄金の表殻、タングステン鋼の表殻、アルミニウムの表殻、銅の表殻、亜鉛合金の表面の殻、プラスチックの表殻などがあります。や、純金やカムギの殻など。
表殻はデザインによって分けられます。円形の表殻、方形の表殻、桶形の表殻、卵の形の表殻があります。

釘付けをする

釘付けとは、金属の延展性を利用して、鉄針またはスチールを使って口の端にいくつかの釘頭を取り出し、釘頭を押して、宝石の象眼方法を押します。この法の打ち方は往々にして小さいので、大きな釘を出すことはできないので、3 mm未満の宝石をはめ込んでいるのが一般的です。

釘付けをする

釘付けとは、典型的なアクセサリーの象眼方法で、釘付け、打ち込み、歯ブラシをつけることも可能です。その違いは、釘付けは、既存の釘穴にある金属のタンスの上に象眼操作を実施しています。打ち込みは無孔の金属の平面上で、操恥ずかしい者によって、トーグによって基材平面の幅、厚さがダイヤモンドの大きさと穴の位置を確定して、穴をあけた後に、スクラップ体操を実施します。釘付けの特徴:釘付けの板によっては、線形、三角形、梅の形、規則群と不規則群に分けられます。釘付けによる釘と宝石の相互協力の方式は、「三石一釘」、「四石一釘」と「六石一釘」といった形に分けられます。

釘付け:釘付けは既存の釘付けを宝石に向け、はり口に宝石を固定する。これは石の中で最も簡単で、最も基礎的なものである。

1これは象眼工芸の中で最も簡単で、最も基礎的な象眼である。

(1)打つ工芸のステップ

①象眼した宝石を鉄分に置き、宝石の違いによって大きさを分けて分ける。

②好火塗り(指輪ピン)にはめ込まれた工面を、左手で持ち込みで固定する。

③ピンセットで泥をつけ、宝石をつけ、口の上の度石に宝石を入れます。石の方が石のように大きいということは、宝石の厚さによって、桃の針や傘の針で位置をつけて、ピットのサイズと同じサイズになっています。

④宝石の大きさによって、宝石をはめるような大きなUFOを選んで、釘の角を張って、斜めに人を飛ぶようにして、それからゆっくりと車の穴を作る。

⑤ピンセットで泥をつけ、宝石をつけ、斜めに宝石を入れ、宝石は工面面を下回って、ピンセットで宝石を圧し、宝石は空飛ぶ車の穴の位置に落ちなければならない。宝石のようなものではなく、傾斜の逆方向にドライブする必要がある。宝石は釘から離れすぎて、シャベルで釘付けになるように、吸い玉を使って釘頭を宝石に貼るようにします。この操作では、花や光の位を引くことができません。

(2)釘付けの工芸要求

①はめ込んだ宝石は斜めになり、高低の悪い、虚脱、緩い、宝石を損なう現象が出てはいけない。

②宝石と宝石の高低は、装身具の形によって定められており、同じ直線に宝石と宝石の問答が悪い現象になる。

③宝石の周りの光金位はプノンペンでは花を引くことができません。

④釘の頭は丸く、ぺこぺこと釘を押してはいけない。

⑤釘は長すぎたり短くしたりしてはいけません。

⑥象眼前に宝石を仕分けしたり、宝石の厚みや形を観察して、穴を開きます。

また、操作中に、宝石が平らになるかどうかを観察する方法は、宝石台の面と切り口の位置を比較する。宝石台の面を一直線にし、それぞれ4つの方向から石位と比較して、平行に宝石をはめるとなる。

石が整うかどうかは、工面の全体形から観察する。

神証明書

国際宝石学院ゴイは1975年に設立された世界ダイヤモンドセンターベルギーのアントウェルペンで、世界最大のジュエリーアクセサリー検定実験室であり、全世界のダイヤモンド取引センター(アントウェルペン、ニューヨーク、トロント、ドバイ、東京、香港、テルアビブ、ロサンゼルス、ムンバイ)15個の実験室が設けられている。「消費者の身辺の権威鑑定所」という。
神証明書
ゴイが始まったばかりの頃は、ベルギーの数少ないダイヤモンドの世家にプライベートダイヤ鑑定をしていた。その後、いくつかの高品質のドリルはヨーロッパの各王室に販売されていて、神の名前が徐々に王室の間に広がっていて、後のことは皆知っています。ヨーロッパ、中東、アジアの王室は、一般の鑑定師が鑑定しにくい精密な宝石のアクセサリーをベルギーに送っています。非常に複雑な頭冠、ネックレス、指輪など、多くの宝石をはめ込んでいるため、比較的豊富なFINJewely鑑定の経験を持っていなければなりません。神はダイヤ鑑定だけで、ダイヤモンドやハイエンドアクセサリーのために鑑定を提供してきた世界的な宝石学機構。サービスの人込みの特殊性のため、WIは宝石学の情報を提供すると同時に、1枚の証明書は贅沢品の手作りのプログラムを使って、そのために各方面の品質がすべて宝石と一致することを保証します。ダイヤモンド切工分野における権威の研究に基づいて、WIは世界初の完全完全なダイヤモンドチェリー格付け表を制定し、現代のダイヤモンドカットシステムの評価基準の原形となった。2007年、ベルギー王室にベルギー外交部ダイヤモンドアドバイザーに任命されました。