日別アーカイブ: 2019-12-10

細部に至るまで“タフ&ディペンダブル”な機能を装備

「エンジニア ハイドロカーボン オリジナル」は、衝撃耐性を高める仕組みとして、特許技術「スプリングロック耐震システム」を搭載する。衝撃時にはそのケージがガードレールのようにヒゲゼンマイの過分な動きを抑制し、かつヒゲゼンマイの変形や絡みを防ぎ、衝撃の影響を最大で66%も緩和する。また、こちらも同じく特許取得の「スプリングシール耐震システム」も備え、時計の遅れ進みを微調整する緩急針を特殊なプレートで抑えて固定。これらによってあらゆる外的ダメージを無力化し、高い精度を継続させる。

そのほかにも、ムーブメントを保護する「アモータイザー衝撃吸収リング」や、リューズをガードする「セーフティロック・クラウンシステム」(特許取得済み)を採用。時計自体の耐衝撃性としては、国際規格ISO1413の耐衝撃腕時計の項目を超越するテストを行い、機械式時計最高レベルの7500Gsもの耐衝撃スペックを保証している。

エンジニア ハイドロカーボンの集大成モデル

ロングセラーシリーズとして君臨する「エンジニア ハイドロカーボン」は、ボール ウォッチが開発・研究したテクノロジーを駆使したフラッグシップコレクション。レプリカ時計耐久性の高い強靭なケースに、極めて先進的な技術やデザインを採用してハイレベルな耐衝撃性・耐磁性・防水性・視認性を実現してきた。

発表された「エンジニア ハイドロカーボン オリジナル」は、シリーズ誕生15周年を祝う記念碑的モデル。まず注目なのが、2層式になっている文字盤で、下層に自発光マイクロ・ガスライトを組み込み、上層はインデックス部に穴をあけてサンドイッチのように重ねている。これによって文字盤上のマイクロ・ガスライトの形状が自由になり、本作のようにドットやトライアングルのインデックスが可能となった。

さらにマイクロ・ガスライトの位置が奥まったことで、視認性が向上。ブラッシュ加工を施したブラック文字盤との対比も美しいものとなっている。なおマイクロ・ガスライトは、インデックスに12個、時・分・秒針と合わせて計15個を装備しており、水中や夜間でも時刻をはっきりと確認できる。

第2弾はダークサイドに堕ちたオプティマスプライム

2018年に発売されたコラボ第1弾(完売)は、タカラトミー完全監修のレプリカ時計オリジナルストーリーにもとづき、正義のヒーロー「マスターオプティマスプライム」が変形ロボフィギュアとしてセットされていた。今回の第2弾は、その続編として闇に堕ちてしまった戦士「マスターネメシスプライム」がテーマ。ロボットの胸部にG-SHOCKを内蔵できる設計になっており、ディスプレイのための台座モードにも変形できる。

定番スクエアフォルムのDW-5600をベースとしたG-SHOCK本体は、マスターネメシスプライムと同じ漆黒のボディにレッドをアクセントとして配色し、ブラックとブルーグリーンの2色成形バンドを採用。ELバックライトを点灯すると、マスターネメシスプライムが所属する悪の軍団「ディセプティコン」のエンブレムが浮かび上がる。専用パッケージとなっており、コレクションアイテムとしても魅力的だ。