富士24時間耐久レースを横目に記者会見を実施

このたび日本に本格上陸するレベリオン・タイムピースだが、実は時計好きの間ではすでに知られた存在であり、筆者も何度かバーゼルワールドの会場で取材したこともある(なんなら、すでに日本で購入することもできる状況でもあった)。

と、このレベリオンという名前は時計畑の筆者が知らなかっただけで、モータースポーツ好きには「レベリオン・レーシング」として有名。ル・マン24時間耐久レースでの勝利を目指して2007年に発足し、近年ではビッグチームであるTOYOTA Gazoo Racingをも脅かす成績を収めているようだ。

ひるがえって時計の話。レベリオンは本拠地がスイスなので、自社でレーシングマシンを作る技術があるならばそれを腕時計に向けるのは至極当然の流れ。出来上がる腕時計も、極めてレーシングマシンのディテールに通じている。

幅広く愛された1998年の1stウオッチ

「ブルガリ アルミニウム」は、いまから20年以上前に初登場。高級時計ではあまり使われることのないアルミニウムにラバーを融合させた異素材ミックスケースは、いまの高級時計界のトレンドのはしりともいえる。その新鮮さとテクニカルなデザイン、そしてアクセシブルな価格は好評を博し、世界各地で大ヒットを記録。ブルガリ ブルガリから続くアイコニックなダブルロゴベゼルの存在を、より広く世に浸透させる立役者となった。

Mido Belen Sallyの時計を味わう、価値の高いフレンドリーな選択肢

誰もが高価値の時計を買いたいと思うと思いますが、市場には目がくらむほどの時計がたくさんあります。 実際、Xiaobaiの時計では、10,000元未満のクラシックモデルを選択して開始できます。今日、Watch Houseは、高価値で手頃な価格の時計を推奨しています。

Audemars Piguet RoyalOakシリーズの時計を味わうクラシックなスポーティな爆発

Audemars Piguet Royal Oakシリーズの時計は、常に最高級の高級スポーツスチール時計の1つです。 昨年、Audemars Piguetは細部を完全にアップグレードし、より優れたRoyal Oakシリーズの時計を発表しました。形状は依然としてクラシックでシックで、青い文字盤も非常にエレガントで美しく、幅広い視聴者に愛されています。 以下、この古典的な美しさを一緒に鑑賞しましょう。

モンブランスターシリーズフルカレンダーウォッチを味わうエレガントなビジネススタイル

モンブランスターシリーズのフルカレンダーウォッチは、ミネルバの優れた時計製造の伝統と、19世紀の終わりから20世紀の初めにミネルバマニュファクチュールによって製造されたポケットウォッチから豊かなインスピレーションを得ています。 この時計は、エレガントな外観と、フルカレンダーとムーンフェイズの複雑な機能を備えており、エレガントなビジネススタイルに満ちた時計です。

この時計は42mmの丸いステンレス鋼のケースを備えており、全体が磨かれ、磨かれ、ベゼルは湾曲しています。

文字盤のインテリアデザインは、モンブランスターシリーズのデザインスタイルを踏襲し、エレガントな葉型の手、放射状のモンブラン星型ギョーシェパターンで装飾されたシルバーホワイトの文字盤、レール型のミニッツスケール、太陽が刻まれたレリーフ(上下の波状ギョーシェライン)を備えています。 、アラビア数字はムイネフアポケットウォッチの長い歴史を思い起こさせます。

70,000元の予算でダイビングウォッチを購入してください。それを選択してください。

航海用時計に頼ったアテネの時計は、海と深い関係があります。 ユリシーズナルディンダイバーダイビングシリーズの海とのつながり、勇敢なセーリングスピリット、DNAデザインを巧みに組み合わせたダイバーダイビングシリーズは、その超高い認知度と異端のスタイルで、多くの人の注目と愛を集めています。 2019年、ユリシーナルディンとヴェンデグローブは緊密な協力関係を築きました。心を恐れることなく風と波に乗り、最も強力な自然の力に挑戦し、DIVERXケープホーンとネモポイントのモデルはこれから生まれました。 同時に、2つのダイバーXウォッチには、ユリシーズナルディンの自作ムーブメントUN-118が装備されているというもう1つの大きな魅力があります。ご存知のとおり、ユリシーズナルディンは、ムーブメントエスケープメントUN-118の革新に取り組んでいます。 ブランドの自己開発ムーブメントシリーズの最初のメンバーであるだけでなく、エスケープメントデバイスの大きな前進でもあります。

エルゴノミックデザインの先駆者の矜持、いま再び

エベル「ウェーブ ジェンツ」Ref.1216203 27万5000円/クオーツ。ステンレススチール+イエローゴールドケース&ブレスレット。直径40mm。5気圧防水
1977年、丸味を帯びた六角形ケースに、しなやかな波状ブレスレットをセットした「スポーツクラシック」を発表したエベルは、エルゴノミックデザインの先駆者となった。そのDNAを受け継ぎ、アイコン的なウェーブブレスレットはそのままに、よりエレガントに生まれ変わった後継モデル。

超軽量&高耐久性の革新的マテリアル

1791年、ラ・ショー・ド・フォンにて創業された「ジラール・ペルゴ(GIRARD-PERREGAUX)」は、自社一貫生産の体制を敷く老舗マニュファクチュールだ。2世紀以上に渡って歴史を重んじる一方、先進的な技術や素材、デザインを駆使して数々の優れたタイムピースを輩出してきた。

ラグジュアリースポーツウオッチの草分けとして1975年にデビューしたロレアートの新作「ロレアート アブソルート クリスタルロック」は、まさに伝統と未来を融合したような一本。軽量かつ頑丈なハイテク カーボングラス製ケースを採用し、ここにジラール・ペルゴ製の高精度な自動巻きクロノグラフムーブメント「キャリバーGP03300-1058」を搭載する。さらにサンドイッチ構造で立体感を持たせたグレーグラデーションダイアル、ファブリック調模様を施したラバーストラップらを合わせ、スタイリッシュなオールブラックルックとした。

ケース同様のカーボンTPTブレスレットの衝撃

リシャール・ミル「RM 07-01 レディス カーボンTPT チタン」Ref.RM 07-01 2728万円/自動巻き(自社製Cal.CRMA2)。カーボンTPT+チタンケース&ブレスレット。縦45.66×横31.4mm。5気圧防水
超軽量で耐久性に優れ、質感も独特なカーボンTPT製パーツ約200個を、スプラインネジでグレード5チタンの骨組みに固定した独創的なブレスレットを開発。その重量、わずか29gも驚異的といえる。同じマテリアルから創造されたケースと相まって、レディスウオッチ最高峰の個性を放つ。

オメガコンステレーションレディースウォッチ

OMEGA Zodiacシリーズの時計の時代を超えた魅力的なデザインは、クラシックな半月形のファセット、「保持爪」、ケースのモノランブレスレットに完全に反映されています。 この29mmSedna®18Kゴールドモデルは、ダイヤモンド舗装ベゼル、ダイヤモンドアワーマーカー付きの青いアベンチュリンガラスダイヤル、6時のカレンダーウィンドウを備えています。 ブレスレットなどのディテールはSedna®18Kゴールドで作られています。 ダイヤモンド、貴金属、そして空の星空のような青いアベンチュリンダイヤルは、世界に落ちて、あなたの手に珍しい時計になります。