ディズニーの不朽の名作公開80周年を記念したアニバーサリーモデル

1940年にアメリカで公開されたアニメーション映画『ファンタジア』は、全編オーケストラによるクラシック音楽をバックにした8編のストーリーから構成されている。ディズニーによる長編アニメーション第三作という意義深い作品であるとともに、映画史に残る傑作として称えられている。カンパノラがこの名画の初公開から80周年を祝し、最新モデルとして「カンパノラ コスモサイン ディズニーアニメーション「ファンタジア」限定モデル」をリリースすることとなった。

80周年記念を祝う限定モデルを発表

“時を愉しむ”をテーマに、天体をリアルに表したモデルや本格的な機械式ムーブメントを搭載するモデルなど、「カンパノラ(CAMPANOLA)」はジャパンブランドの中でも、独自路線に舵を切ったユニークさで知られている。今回発表された80本のリミテッドウオッチは、ディズニーが誇るアニメーションムービーの金字塔『ファンタジア』の世界を表現した、争奪戦必至のレアピースとなっている。

人気のアルパイン イーグル コレクションからクロノグラフを発売!

スポーツシックな「アルパイン イーグル」コレクションが翼を広げ、44mmの新しいケースにフライバック機能を搭載したクロノグラフを初めて迎えます。アレッチブルー、またはピッチブラックの文字盤を備えたルーセントスティールA223製および、ピッチブラックの文字盤にルーセントスティールA223とエシカルローズゴールドを組み合わせたコンビモデルという3つのバージョンを取り揃えます。一体型ブレスレットを採用した「アルパイン イーグル XL クロノ」は、同コレクションの全モデルと同様に、イーグルの力強さとアルプス山脈の美しさにインスピレーションを得ています。クロノメーター認定のフライバック機能を搭載する自動巻きムーブメント「Chopard 03.05-C」は3つの特許を取得し、その高い精度と操作性を証明しています。ムーブメントからケース、また文字盤やブレスレットに至るまでの全工程がショパールの時計工房で製造され、それはまさに、自然へオマージュを捧げるメゾンのアルチザンたちの作品といえるでしょう。シャネルスーパーコピー等のブランドコピー時計を販売しています。弊店のすべてシャネルコピー時計の商品は自社製のNOOB製なので、品質が優れています。

ジュリアーノ・マッツォーリ マノメトロ・コンプレスト

薄型デザインの「コンプレスト」バージョンもイタリアンフラッグバージョンも登場したジュリアーノ・マッツォーリ(GIULIANO MAZZUOLI)を代表するマノメトロ(イタリア語で圧力計)コレクション。

「今年を象徴する」デザインとなるはずだったブロンズケースのバージョンが入荷した…との情報を受け、先週末にオープン回し者として拝見してきたのでレポートします。ウブロスーパーコピー等のブランドコピー時計を販売しています。弊店のすべてウブロコピー時計の商品は自社製のNOOB製なので、品質が優れています。

現代的ダイバーズウォッチの原点「フィフティ ファゾムス」

スイスの時計作りは、興味深い逸話や魅力的な登場人物に満ちており、何世紀にもわたって語り続けられてきたものは耳を傾けるに値する。そのため、時計作りの歴史について語られたドキュメンタリーに欠落があることは、その事実を知りたい人々にとって常にフラストレーションを生んできた。既存の動画は事実を述べるというよりマーケティング寄りすぎるか、一般的な時計愛好家が見ることのできない状況にあるのだ。

このような中で、2019年に近代のダイバーズウォッチについて取り上げたドキュメンタリー映画が世界プレミアとして上映された。ブランパンと連携して監督・脚本を手掛けたジェフリー・キングストンによる『Fifty Fathoms The History as told by the pioneer who created it(フィフティ ファゾムスと、それを作り上げたパイオニアたちが語った歴史)』だ。多くのダイバーの命を守った世界最初のタイムピース、フィフティ ファゾムスの起源についてさまざまなストーリーが語られている。今回はこの映画の誕生経緯をたどってみよう。NOOB製の【Franck muller】フランクミュラーコピー|フランクミュラースーパーコピー等のブランド時計を販売しています。[NO.1]

ジュネーブ・ウォッチメイキング・グランプリ(GPHG)

GPHGは「最も注目に値する現代の作品を讃え、世界中の時計製造技術を宣伝する」目的で2001年に創設。メンバーにはジュネーブ州、ジュネーブ市、ラ・ショー・ド・フォンにある国際時計博物館(MIH)、ジュネーブ時計・マイクロエンジニアリング研究所(タイムラボ)、そして複合企業グループのエディプレッスが名を連ねている。2019年まで時計ブランドは14のカテゴリーに対し、最も有望なモデルを(比較的少額の)参加費用を払ってエントリー。最終選考に残った時計は追加費用を支払うことで、その後、世界を巡回するエキシビションに参加することができた。GPHGのディレクターであるカリンヌ・マイヤーは次のように述べている。

「GPHGはショウケースメディアであり、また優れたプロモーションツールです。事前に選ばれた時計が、毎年秋なると世界を巡回する特別なエキシビションで展示されるのです。受賞した時計は国際的なメディアによって十分に露出されます。そのため、すべてのブランドが参加できるよう、参加費用は極力抑えるようにしています」NOOB製の【Audemars Piguet】オーデマピゲコピー|オーデマピゲスーパーコピー等のブランド時計を販売しています。[NO.1]

メカニカルウォッチのどのくらいのエラーが認定されていますか?

NOOB製の【PATEK PHILIPPE】パテックフィリップコピー|パテックフィリップスーパーコピー等のブランド時計を販売しています。[NO.1]
上記のリンクから、中国の機械式時計の現在の業界標準では、-60秒から105秒の毎日のエラーが適格と見なされ、30秒から45秒が優れた製品と見なされていることがわかりますが、そのようなエラーは実際には少し大きいです! 国内運動の業界基準と比較して、日本の運動(1日35秒以内)とスイスの運動(1日30秒以内)の基準ははるかに高いです。 このような基準は、Citizen、Seiko、Tissot、Midoなどの本物の時計と一致していますが、本物のOmega、Tudor、Rolex、およびその他の中高級時計ブランドによって実装されているスイス天文台の基準(1日あたりの誤差は3〜5秒)よりもはるかに低くなっています。 次に、動きを修正してこの基準を達成またはアプローチする必要があります。そのような時計だけが時計愛好家の要件を満たすことができます!

歴史上最も現実的なレプリカロレックス3135ムーブメント

NOOB製の【iwc】IWCコピー|IWCスーパーコピー等のブランド時計を販売しています。[NO.1]

ロレックスの3135は、自動巻きムーブメントの王様として知られています。3135ムーブメントは、1988年に正式に発売されました。発売後、その安定性と正確性は、すべての人から賞賛されています。 25年の開発の後、それはまだ運動の王であり、今日のロレックスの最も基本的な運動でもあります。 最も耐久性のある自動機械式ムーブメントとして知られています。

上海時計工場は、2013年頃に3135ムーブメント(yuki3135とも呼ばれる)の1対1のコピーを発売しました。これは主に輸出用であり、価格が比較的高いため、国内の模造時計市場ではまれです。 控えめに使用します。 海外のウェブサイトでのこの動きの価格は、1個あたり300米ドルを超えています!

旅行でも便利な“時計用トラベルポーチ”

ちょっとした旅行でも大活躍。レザーブランド、KUGIRI(クギリ)が製作した、腕時計2本、交換用ベルト、工具を収納できる、職人謹製のおしゃれなトラベルポーチに注目!

時計を複数本所有している場合、出張や旅行の際にはTPOに合わせてテイストの異なる時計を持ち歩きたい、あるいは常にお気に入りの時計を何本か持ち歩きたい、と考えている人は多いのではないだろうか。

そんな時に便利なのがトラベルポーチだが、一般的に、時計用のトラベルポーチはボックスタイプ、もしくは円筒タイプが多く、いずれもカバンでスペースを食ってしまうのが少々気になるところといえるだろう。

そこで、今回オススメしたいのが、ボックスタイプとも、円筒タイプとも異なる“3つ折りタイプ”の “トラベルポーチ”。
腕時計ブランド“OUTLINE(アウトライン)”とレザーブランド“KUGIRI(クギリ)”とのコラボレートアイテムなのだが、スペースをとることなく、時計を手軽に収納、持ち運びすることができるのだ。ウブロスーパーコピー等のブランドコピー時計を販売しています。弊店のすべてウブロコピー時計の商品は自社製のNOOB製なので、品質が優れています。

ダイエットのお供に“フィットビット”のフィットネストラッカー

人々の生活になくてはならないツールとなったスマートフォン。携帯電話としての機能はもちろんだが、インターネットで情報を検索したり、ドラマを見たり、音楽を聴いたり、料金の支払いに使用したりと、その役割はあらゆる側面に広がりを見せている。

そんなスマートフォンの普及と足並みを揃えるように、2012年頃から登場しはじめたのが、次世代型腕時計“スマートウオッチ”だ。2015年に“Apple Watch”が登場したことで世間一般にも広く認知されるようになった腕時計の新ジャンルだが、それからわずか数年の間にもスマートウオッチは急激に進化を続けており、現在は様々なブランドがシノギを削る群雄割拠の時代に突入している。

多くのメーカーやブランドが本格参入してラインナップが増えた結果、デザインやアプリの個性で勝負する“ファッション重視型”、時計らしいデザインにこだわった“アナログ表示型(針を使ったスマートウオッチ)”など、スマートウオッチはおおまかにジャンル分けができるようになっているのだが、そのなかでも圧倒的に人気が高いジャンルと言えるのが“スポーツ機能重視型”。

“スポーツ機能重視型”といわれてもピンと来ないかもしれないが、心拍センサーを使った活動量計、アクティビティートラッキング(消費カロリーや歩数、距離、運動時間や睡眠時間などを記録する機能)など、スポーツやトレーニングに最適化した機能、スペックを搭載したスマートウオッチだ。

今回、レビューでクローズアップする“fitbit(フィットビット)”のインスパイアHRも、そんな“スポーツ機能重視型”のひとつ。厳密には、歩数、消費カロリー、睡眠時間などを計測、管理する活動量計測を強化した、フィットネストラッカーと呼ばれるスマートウオッチの一種。もちろん、時刻表示のほか、電話やメールの着信通知など、多彩な機能が搭載されている。パネライスーパーコピー等のブランドコピー時計を販売しています。弊店のすべてパネライコピー時計の商品は自社製のNOOB製なので、品質が優れています。